中古ダンプみ

ビル

一般的にみられる中古ダンプとはどんなものか

一般の公道を走行する事を大前提にして作られており、トラックのシャシと呼ばれる部分に荷台を架装してあるのが特徴的です。
平坦な道や地面の走行性能を保つように作られています。
日本では最大積載量が11トンまでと決められている為、普段私達がみかけるのはこれ以下の積載量になっています。
最大積載量を超えた荷を積んでいると犯罪になるので注意が必要になります。
また、最大積載量以上の重さを乗せると、架装が傷む恐れがあり、寿命も短くなってしまいます。
最大積載量で小型、中型、大型と分類されています。
架装が装備されているので、購入時の値段はとても高くなります。
そこで、多くの人が中古ダンプを購入しています。
中古ダンプに興味がある方はサイトを参考にしてみて下さい。