中古ダンプみ

ビル

中古ダンプに興味のある方はサイトを参考に

新品や中古ダンプの特徴は、一般の公道を走行する事を目的に作られていて、トラックのシャシの部分に荷台を架装してあるのが見て取れます。
平坦な道や道路の走行性能を保つような機能を持ち合わせています。
日本では最大積載量が11トンと決められていて、普段私達がみかけるのはこれ以下の積載量になっているものがほとんどです。
最大積載量以上の荷物を運んでいると、犯罪行為になり厳しく罰せられます。
また、最大積載量以上の荷物を積んだ場合、架装が傷む可能性が高くなり、使用出来る寿命も短くなります。
最大積載量によって小型、中型、大型と分類する事が出来ます。
架装が装備されている為、購入時の値段はとても高額です。
中古ダンプに興味がある方はサイトまで。